ラクトフェリンの基礎的な知識や効能

ラクトフェリンの基礎的な知識や効能

ラクトフェリンという言葉は皆さんテレビCMや雑誌などの広告で見聞きをする機会が多いので、言葉は知っている方が多いかと思います。一般的には健康食品のひとつとしてよくサプリメントなので知られているかと思います。しかし、ラクトフェリンはどのようなものかと聞かれると、詳しく説明が出来ない方のほうが多いのではないかと思います。
ラクトフェリンはたんぱく質のひとつで、きっかけは1930年代のデンマークにて、ある研究者が牛乳の中から発見したといわれています。このたんぱく質は薄いピンク色をしているのが特徴です。なぜ赤っぽい色をしているかというと、鉄分が多く含まれているからだそうです。そのため発見者は、ラクトはミルクの意味、フェリンは鉄という言葉から名づけられたとの事です。そして、様々な研究から健康を維持するために外部からの感染に対して防御をするための重要な成分のひとつということが分かりました。
また、このラクトフェリンは母乳にも豊富に含まれているといわれています。因みに、ラクトフェリンは人間だけのものではなく、哺乳動物に必要なものなので牛の乳からもラクトフェリンが含まれています。しかし、牛の場合であると、人間の母乳に比べてラクトフェリンの濃度が低いということが分かり、人間の母乳にはかなりの量のラクトフェリンが含まれているということになります。
特に、人間の場合は初乳である出産後数日間に集中して分泌されるといわれており、赤ちゃんへの感染を予防し、健康を守るためになくてはならないものと考えられています。
その他にも涙や唾液、腸内などの分泌物にも含まれており、感染に対しての防御をする働きをもっているのです。そのような事から、ラクトフェリンという成分は、人間にとって健康に過ごすためにはとても大切な働きを担っていることになります。
ラクトフェリンは現在でも研究がすすんでおり、その後も身体の健康維持に関する様々な効果の関係性が知られています。
しかし、いくら健康に良いといっても多量に摂取をすると逆効果も考えられますし、一度に沢山のラクトフェリンを摂取しようとしても困難なことが多いのが現状です。ラクトフェリンを含む健康食品やサプリメントなどを上手に利用するのも良い方法ですが、正しい摂取方法を知ることが必要かと思われます。
ここでは、ラクトフェリンの基礎的な知識や効能などを紹介したいと思います。また、ダイエットに関する話題もありますので、適切にラクトフェリンを摂取し健康的な生活が送れるようにしましょう。

ラクトフェリンの効能

ラクトフェリンは1930年代に発見をされた成分ですが、研究により生体防御に関して重要な役割を果たすことが知られるようになりました。それではどのようなものがあるのか簡単ではありますが、紹介をしてみたいと思います。
まず、ラクトフェリンは免疫を上げる作用があるということで発ガンを抑えたり、感染の防御の作用があるといわれています。また、ピロリ菌や歯周病の抑制にも効果があるとのことです。
その他でよく知られているのは、腸内に存在しているビフィズス菌がラクトフェリンにより菌を増やして、腸内環境を改善することが挙げられます。また、ラクトフェリンは赤い色をしているのですが、これが鉄の成分が含まれているためです。鉄の吸収性にも優れているため貧血の症状改善にも期待ができるとのことです。同時に、鉄のみであると酸化がしやすいのですが、ラクトフェリンと結びつくことにより活性酸素を抑える働きがあるようです。
他にも関節や腸内の炎症を抑える作用や内臓脂肪を減らし脂質の代謝を改善する作用があるなど、実に様々な効果が期待できるようです。
この中でも、鉄の存在は、ラクトフェリンの機能を発揮するためにはとても大切な役目を持っているようで、鉄が無くてはラクトフェリンが上手く機能しないようです。
現在もラクトフェリンによる研究は続いているため、今後も新しい効果などが発見されるのかも知れません。また、このような研究を基に病気の治療や予防のために利用をするための検討などが始まっているようです。

ラクトフェリンの副作用

身体にとても良い効果をもたらしてくれるラクトフェリンですが、副作用はないのか心配な部分でもあるかと思われます。ラクトフェリンの副作用に関しては、様々なところで研究が進められていますが、現在では副作用と呼ばれるものはほとんど無いといわれており、副作用の報告もされてはいないようです。これを聞いて、安心された方がほとんどかと思われますが、全くの副作用が無いと言い切れないのも事実です。体質などは個々によりますし、ラクトフェリンは乳成分が由来でもあるため、アレルギーの症状を抱えている方の場合は注意が必要なケースも考えられます。
ただ、ラクトフェリン自体は母乳にも多く含まれている成分であり、生まれたての赤ちゃんが必要とする成分のひとつであるため、安全性は高いもののひとつではあります。
注意が必要な場合は、上記に挙げたように乳製品でのアレルギーをもっている方は主治医に相談をするか、摂取量などに注意をする場合もあります。摂取量は基本的に定められてはいないようですが、1日量は150ミリグラムから300ミリグラムといわれています。サプリメントであれば、摂取目安量が表記されていると思われるため、摂取量を守るか、体調が心配な方は調節をすると良いでしょう。また、妊婦や授乳中などの方も主治医に確認をしてからの摂取が安心です。
また、飲み始めや摂取量が過度だとお腹が緩くなる場合があります。これはラクトフェリンの効果のひとつですが、腸内がきれいになったことを意味し、数日で落ち着くことが多いようで副作用ではないようです。